リーダーの仕事は正解のない場面での決断

予定していたことがまさかの年度初めから弾き飛ばされた未曾有のスタート。

笑いたくても笑えない環境が今あるかもしれませんが、聞きたくもないけど聞かないといけないようなニュースばっかりで気が滅入りそうな時にちょっとしたリフレッシュ程度に読んでもらえたら嬉しいです。

こんな環境でやりたいなぁと思っていたことが遠い昔のようだ。



今やるべき事とは?

今は接触を避けるべき!

運動する環境は必要だ!

学校は再開して欲しい!

などあっちを立てたらこっちが立たない答えはどこの視点に立つかで全然変わってきます。


世界的にDVが急増していることが問題視されたりしています。

その他にも児童虐待やイジメなどが増えることも懸念されています。

この視点に立てば自粛なんてとんでもない。収入の事で険悪になったり、子どもが長時間家にいる事で無駄なストレス抱えるくらいならリスク承知で働いたり、学校があった方がいいわ。という意見もあると思います。


逆に今収束させないといけないんだから我慢しろよ!

学校なんか行って感染のリスク上げてどうすんだ!

仕事も可能な限りリモートワークだ!という意見もあるでしょう。


それは人それぞれ今置かれている状況は違いますし、ルールで縛る!という方法以外は解決の道はないと思います。自粛をお願いされたとて強制ではないんだし、「対策打って、気をつけてやります」という形で行ってしまえばそれ以上は踏み込めない。

かつての日本代表監督 岡田監督も言うてます。


「リーダーの仕事は正解のない場面での決断」


国なら総理大臣、県なら知事、会社なら社長、チームなら監督、学校なら教育委員会、教室なら先生などそれぞれの立場や地位によって発言力を持ったリーダーがいるはず。

今やるべき事はその各リーダー達が決断し、アクションを起こす事。


テレビ見てても、ネットの情報やコメント見ても意見なんか統一されるわけもない。

こんな状況で発信することももしかしたら叩かれたりするかもしれませんが、一人のスポーツと関わる人間としての考えをお伝えします。


収束第一

これに尽きると思います。

いつ収束するんだとかはとりあえず置いといて。


このままではインターハイや甲子園も出来なくなります。

もうすでに関東は全く部活なんかできる環境ではないでしょうし、逆に自粛などによる制限が少ないところは活動しているので平等な競争環境は無いのは明白です。

今年に関しては例え全国大会で結果が出ても真っ直ぐな評価はもらえないと思います。

(あそこはずっと活動していたから、あそこが自粛してなければ勝っていた)などの声も挙がってくるでしょうし、選手自身そう感じるかもしれません。

だけど、今の高校3年生は何のために部活やってんだかわかんないような状況はなんとしても避けたい。


中学生でも、小学生でもやらせてあげたい大会は絶対にあると思います。

間に合うかどうかは一旦置いておいて、この状況が長引くことは避けるべきと思います。


正直最初は軽く見てました。多分そんなに広まらないだろうとか思ってました。

しかし、そんなことも言ってられない状況にまで広がってしまった。

世界的に広まっているので、季節によっておさまる様子でもないです。

だったら全国的に協力しあって自粛をやっていくべき。


早くやりたいのは全員同じ


子ども達は「今」やりたい・行きたいという気持ちはあるのは重々わかっています。

経験も少ないので「今」しか見えなくて当然。

ニュース、ワイドショーも全部今のことを伝えます。それは当然だと思いますが、そればっかり見ていると

「今」大変なんだから。「今」しかこれが出来ないんだ。そういった所に目がいきやすくなります。

収束した「先」に何が出来るのかを子どもたちに示してあげるのが大人の役割ではないでしょうか。


今収束できたらインターハイ・甲子園をなんとかして出来るかもよ。選手権・ウィンターカップ・ラグビーを出来るようになるぞ。大人だってJリーグの再開や健全な競争ができる環境を作れるようにしたいはず。チームも、サポーターも、スポンサーだってきっと待っているはず。

だからなんとかしてやろうぜ。ってしてあげた方が良いように思う。

みんな協力していこうぜ。ってしたい。


勝つためにどうこうじゃなくて、収束させるためにやろうぜ。そんな考え。

スポーツ業界だけまとまっても仕方ないやろうって意見もあるやろうけど、スポーツを理由に控えてくれる人だって少なからずいるはず。

自粛して出来なかった分、再開出来た時の盛り上がりはすごい事にしたい。


やっぱりスポーツの力ってすごいなって示したい。


今、指導も自分の練習も出来ていない環境だからこそ改めてスポーツの偉大さを肌で感じてるからこそ思う。


スポーツ×〇〇

スポーツが今できない事によってスポーツしていた時がいかにストレス解消できていたのかがおそらく色んな人が感じたんだと思う。


同様に何かいつもやっていたことが出来なくなってストレス抱えた人もいるんじゃないかな。

そんな人たちとうまくコラボしたものを収まったらやってみたい。


祭りなら「スポーツ×祭り」

スポーツもジャンルで分けて「サッカー×野球」

食とコラボで「スポーツ×食」


やり方は様々、難しいこともあるかもだけどやってみたいね。

収束した時には色んなことやって収まった喜びを共有したい。


新しい発見もあるだろうし、色んな気付きもコラボしたら出てくるはず。

サッカーコーチの狭い視野じゃ気がつかないところも絶対あるはず。

もし一緒に何かしよう!っていう方いらっしゃったら是非声かけてください。


下向いてばっかりでは楽しくない。前向いて出来ることをコツコツやっていきましょう!

「やったろう日本」

0回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now