千秋楽結びの大一番

北陸の冬がやってきたなぁって天気になりました。

本当寒い。なんというか、寒いだけならまだいいけど、風。

先日試合観戦したかったのですが、強風&雨&低温が重なって観戦断念。アップまでは観ましたが、耐えられませんでした。教え子の観戦を諦め、雨風凌げる体育館へ。

会場ではU15フットサル(男子)の準決・決勝を観戦。

いろんな視点でサッカー、フットサルを観るとたくさんの発見があります。

指導者として、観客として、知り合いのチームを観る側の感覚で。


チームの取り組んだことが表に出てきますよね。試合中に動作やコントロール、チーム全体の動きなど本当どうやって練習してんだろうなって。そういった目で観るには本当に第3者的な立場で観ることが一番勉強になる。

コーチの立場やチームの関係者の立場になるとそうはいかないことも往々にしてあるので。

少しでも合間を縫ってこういう視点を持ち続けたい。

 

大一番

 

くどいようだけどチーム立ち上げ3年目のクラブにとってはどれも大一番。そのなかでも位置づけとしては今年度の総決算「千秋楽結びの大一番」

そんな大層なもんあるんかいなと。「北信越U15女子サッカー入れ替え戦」が残っております。

決戦の日は下記の通り

11月27日 千曲川リバーフロント 10:30キックオフ

VS シュロス松本


対戦相手が決まったのは11月20日。準備期間1週間。え?短いのでないかい?

そして土曜日の午前中キックオフって早すぎないかい?移動どうするんだい?宿は取れんのかい?急ピッチで色々決めて動きます。

思うところは色々あるがこれが「アウェーの洗礼」だと。やるしかないでしょうと。


昇格する条件はただ一つ。勝利すること。延長やPK戦なんてない。

相手は引き分け以上で残留が決定する。


チャレンジャーに有利な条件はわかる範囲では見当たらない。

ここで思う。「ええやないか」と「やったろう」と。

正直チームが調子絶好調です!とは言えない状況ではあるが、いつもそんな状況で試合ができるわけもない。これはリーグ戦で戦い抜くための一つ越えなければいけない壁だと感じる。


長野県は強豪チームひしめく激戦区。ここで対戦し、さらなる経験を彼女たちに積ませてあげたい。前回のU15サッカーでの決勝戦や今回の入れ替え戦。1年に中々味わえない1発勝負の緊張感などを経験できる数少ない機会。

格好良く締めてくれよって思いながら今日も練習頑張ります。


結果が出ましたらまたSNSやらブログで報告します。良い報告してあげたい。

 

2022年度へ

 

まだそんな大事な入れ替え戦が控えておりますが、次年度に向けても動かないといけません。

続々と入会を決めてくれた方々が1番から99番までの背番号を埋めて行ってくれています。本当にありがたい。責任持って良い選手・大人へなれるようサポートしていきます。

来季からの入団を決めてくれた選手はまぁ本当に個性豊か。楽しみな選手ばかり。今年の1年生もまぁ元気がよろしかったが、今回も元気がよろしい。来年最高学年になる2年生にとって濃厚すぎるほどの2022年になることは間違いなさそうだ。


まだ募集は続けてますのでご検討中の方は是非練習を参加してみて色々と体感してみてください。みんなで練習してみようぜ!って企画はコチラ↓

坂井市のグラウンド事情的に今回は体育館での体験会となります。そしてこの体験会がみんなおいでよ!って告知する最後の体験会になります。これ以降の方は個別に練習にご参加いただく形になりますので、お問合せください。

これは今いる選手やもうすでに入団を決めた選手、まだ検討中の選手など色々と交えて参加してもらいたい練習会です。

是非ご参加ください。


 

理想は高く

 

来年度のチームを一番良い状況で迎えるためにいま求められる最高点で求めていきたい。

「北信越リーグ参入」

2022年の4月のスタートをバシッと決めるために。週末彼女たちの大活躍を期待してます。


やったろう福井。

週末はシュロス松本の皆様よろしくお願いします!


閲覧数:143回0件のコメント

最新記事

すべて表示