​レディースチームの歴史

2019年より活動を開始したチームの歴史

2019年 チームの立ち上げ 中1 3名 小6 2名 小5​ 1名の計6名で活動を開始する。

活動の中身も不透明な中所属することを選んでくれた6名には感謝しかない。

この年には活動をFUKUI GOWEST LFC さんと共にすることで公式戦の出場を果たす。

​チーム初のゴールはこの時の公式戦で伊東が得点する。

時が止まったみたいに綺麗な放物線を描いたゴールはおそらくこの先も忘れないと思う。

2020年 中3 1名 中2 3名 中1 3名 小6​ 1名の計8名で活動。

1名の移籍と中1の新規1名を新たに迎える。

​ついに8人制の試合が出来るぞと喜んだ。この年は小学生の力を借りて坂井PLとして公式戦の出場する。

​2名増えただけでも精神衛生上かなり安定したように思う。そして初めて一人の選手を送り出す。

年目で迎える予定のなかった卒団式を開式。

生まれる時代を間違えなければ超絶美人だったであろう令和の時代に平安美人を送り出す。

コロナで思うように出来なかったシーズンを振り返ると申し訳なかった1年だった。

2021年 中3 3名 中2 3名 中1 8名 小6​ 1名の計15名で活動。

3年目にして所属が15名となり練習メニューのバリエーションが増えたり、グループ分けが可能になる。

​11人制の試合が出来るぞと今年も喜んだ。この年は初の単独チーム坂井PLとして公式戦の出場し、公式戦初勝利をするも決勝で敗退。北信越リーグ参入戦にもチャレンジするなどコロナで出来ない期間があったにも関わらず昨年よりも活動の幅がグッと広くなった。

​スタッフも増えた。通常運転でワンオペでなくなったことは本当に感謝。

​それと同時に早く関西方面や東海、関東の強豪チームとも交流したいなぁと思いを巡らせるようになる。

この年一人の卒業生が県外にてチャレンジをする。

なんだかんだで1期生とも言える年代が卒業することに寂しさを感じる。

​噛めば噛むほど味が出てくるようなスルメのような3人だった。